音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペコです。こんにちは。
昨日は寒い1日でした。雪もたくさん降って新幹線もストップしたそうですね。
上田地域には大雪警報も出ました。みなさま大事なかったでしょうか。

さて、23日は「葉加瀬太郎の世界2008」が行われました!
昨年から音楽祭に参加している私ですが、実はホールでのコンサートは初参戦!
スタッフは全員ダークスーツ着用で、普段と違う雰囲気に朝からドキドキです。

私の今回の任務は写真係、ホール内で撮影のシミュレーションをしていると、葉加瀬さんが登場!!!でさらに緊張してしまいました。
丁寧にやさしく、まるで赤ちゃんを抱き上げるように、ヴァイオリンをケースから出す仕草に感動しました。

第一部はトークライブ。「ヴァイオリンに恋して」というタイトルどおり、ヴァイオリンに魅せられてしまった葉加瀬さんと中澤実行委員長が熱い想いを語られ、田口和尚の絶妙のリードにより中澤きみ子先生の素顔やヴァイオリニストのストイックな日常生活が垣間見られ、大変盛り上がりました。

hakase1.jpg


第二部はアコースティックコンサート。
ヘンデルとブラームスのソナタは今回が初演!ということで、葉加瀬さんご自身は「発展途上ですから」と謙遜されていましたが、すばらしい演奏でした。ピアノのマチェックさんとのかけあいも素晴らしかったと、スタッフの間でも大評判でした。

hakase2.jpg


さらに、クライスラーの小作品、葉加瀬さん作曲の「流転の王妃(テレビ朝日45周年記念ドラマ)」のメインテーマなど、トークを交えながらの演奏にぐんぐん引き込まれ、お役目を忘れて聴き入ってしまいました。
エネルギッシュな演奏に踊りだしたくなるようなチャールダッシュでフィニッシュ!
会場が割れんばかりの大拍手が沸き起こりました!
本当に素敵なステージ、素晴らしいプログラムでした。

寒い中ご来場くださった皆様、ありがとうございました。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
そして葉加瀬さん、素晴らしい演奏&素敵な時間をありがとうございました。
スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
ペコです。みなさん、お元気ですか?

今シーズンは寒いです。
そしてよく降ります。。。風邪などひかないように、お気をつけくださいね。

さて、いよいよ葉加瀬太郎の世界2008まで2週間を切り、
葉加瀬さんから、当日演奏のプログラムが到着いたしました。

ヘンデル/ヴァイオリン・ソナタ第4番ニ長調Op.1-13
ブラームス/ヴァイオリン・ソナタ第3番ニ短調op.108


バリバリクラシック♪です。本当に楽しみですねぇ。
チケットをまだお求めでない方はお早めに!

当日は、この寒さを吹き飛ばすべく、熱く盛り上がりましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。