音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事務局です。

先月「日本の音楽祭、大集合!」という催しに招かれて参加してきました。
パネリストはラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、エグゼクティブディレクターの鈴木順子さん、仙台クラシックフェスティヴァル(せんくら)、プロデューサーの平井 洋さん、福岡古楽音楽祭、事務局長前田明子さんでした。

全国にはクラシック音楽祭だけでもたくさんの数がありますが、内容はもちろん運営方法がさまざまなのには、井の中の蛙の私にはカルチャーショックものでした。

我がNKOは、ほぼボランティアスタッフで運営されていますが、完全にボランティアで運営されている手作りの福岡の音楽祭。コンサート当日のスタッフもチケットを購入して仕事をするそうです。ボランティアの方々はこの音楽祭にかかわれることが楽しくてたまらないといった感じを受けました。

せんくらは3日間、著名な演奏家による101のコンサートを開催し、入場料は一律千円。だから「せん」くら?NKO受講生出身の仙台フィルコンマス傳田正秀さんも今はすっかり仙台の顔として出演されます。

100万人を集客しているジュルネは文字通り熱狂の日音楽祭。こちらは大成功している数少ない音楽祭のひとつで、プロデューサーも誇らしげな顔です。運営費が7億5千万円であれだけの集客をしているのにチケット収入が占めるのは運営費の半分以下。おそらくサイトウキネンフェスティヴァルも同じだと思います。

そうなのです!
音楽祭はどんなに成功しても補助金や企業協賛金がなくては成り立たないという現実を改めて実感させられた日でした。
みなさま、NKO(NAGANO国際音楽祭)をどうぞご支援くださいますようお願いいたします。

当日会場にいらしていた記者のリポートがこちらのブログでご覧になれます。
http://plaza.rakuten.co.jp/art2521music/diary/200805310000/

スポンサーサイト
事務局です。

つばめが子育てに忙しそうに、えさを運んで飛び回っています。
植物の成長のいきおいにも圧倒される季節ですね。
音楽祭事務局の庭のお狸様も大きく茂った蔦の葉に覆われてしまいましたが、さすがの蔦にもメタボなお腹だけは隠せなかったみたいです。

0611.jpg
事務局です。

チケット発売開始いたしました。
チケットの購入方法はこちらです。

NAGANO国際音楽祭2008 チケット情報ページ

ポスター2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。