音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年2月に開催され、感動さめやらぬ
NAGANO国際音楽祭スペシャルイベント
「葉加瀬太郎世界」

hakase2009.jpg

通常のツアーコンサートとは違い、NAGANO国際音楽祭ならではの企画でまたもや観客を魅了してくれるはず!

チケット一般発売 12月22日(月)
先行発売は
イベントナガノ、チケットぴあ、イープラス、当音楽祭事務局で
12月第1週から始まります。


NAGANO国際音楽祭スペシャルイベント
「葉加瀬太郎世界2009」

 2009年3月22日(日)
 13:30開場 14:00開演
  (16時30分終演予定)
会 場
 上田市民会館 大ホール

入場料6,000円(全席指定)
詳しくはこちらをご覧下さい。

http://www.nkos.jp/ongakusai/hakase2009.html

スポンサーサイト
事務局です。雪が降りました。
今年の冬はかなり気が早いようです。
今年も残すところひと月ちょっとですから、気ぜわしい季節のはじまりです。

さて、今回のスタッフ紹介は、この夏、音楽祭スタッフデビューした佐和子さんの自己紹介です。
音楽祭での佐和子さんの主な仕事はレッスンの通訳です。

*****

長野県東御市(とうみし)に在住。生まれは東京。
そのせいか、日帰りでも泊まりでも東京に行くとリラックスできます。

二人の子どもは無事独立して、長野県から出て行っています。
ですから夫と二人の生活です。

家で中高生に英語を教えるのが仕事です。わたしの生き甲斐となっています。
時々臨時で学校で教えることもあります。

子どもが小さい時は料理やケーキ作りに熱中した時期もありましたが
今は料理はとてもシンプル(手抜き)なものばかり。
趣味はテニス。一時期は毎日のようにテニスに明け暮れていましたが
今は週二回に落ち着いています。

******

佐和子さんには来年の音楽祭ではレッスンの通訳のほかにコンシェルジュとして活躍していただく予定です。

1120.jpg
事務局です。
今日は、NKOスタッフを紹介します。


「丸まゆ」は動物占いで「コアラ」まさにその通り!

ほわぁ~んとした、超天然ボケちゃんで、周りのみんなをほんわかな気分にさせています。
コアラは地上に降りると素早いんですよ~(えっ知らなかった:陰の声)

丸まゆも、コンサートの裏側では、お客様に喜んでいただけるようにと細かい所まで気が付いて良く動き回っています。

今日も、我が道を歩いています。(=⌒ー⌒=)

三女

今年は親娘でコンサートスタッフ


「次女~」と呼ばれている美恵さん。
スタッフの中にたまたま同じ苗字の人が3人いたので、年の順(きれいな順?)に2番目だったことからそう呼ばれています。

動物占いでは「ペガサス」 馬に翼が生えた あの姿が象徴しているように、いろんな所&空想と現実の間を飛び・駆け回っています。時折出てくる突拍子もない(?)アイデアは、この空想の世界から飛び出すようです。

華奢に見えますが、実はパワフル。面倒見がよく、明るく楽しい「次女」です。

次女

丸まゆさんの愛娘も次女さんのお手伝い。



毎年チケット完売で大人気の「0歳児からのクラシックコンサート」が今年も開催されます。

1108.jpg

12月22日(日)午後3時開演 あいそめの湯・多目的ホール。
演奏家は名門音楽大学出身者による大人も楽しめる演奏会です。

会場は隣接に日帰り温泉もある、今年5月にオープンしたピカピカのホールです。
詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.nkos.jp/0sai2008.html
鈴木先生は正統な精神の持ち主。生き方もまっすぐで、まさに「right」な方。
彼の一度決めたら曲げないやり方は、本来正統なのに今の世の中では異端かもしれません(!?)

人生を楽しむ術にも長けています。そのひとつ、よい音楽を作り上げるために必要なのはみんなと楽しく飲むこと。
先生の周りにはいつも先生を慕う人たちが集ってきます。

NKOではチェロのソロレッスン、室内楽のレッスンに加えてオーケストラの指導もされ、ちびっ子演奏家も大人の演奏家も見事にひとつにまとめあげます。

音楽監督の立場にある鈴木先生は、音楽祭の始まる1年前から準備にかかっていただいているわけですが、世界中のどこにいても、どんなに大事な演奏会の本番を2時間後に控えているときでもすぐにレスポンスを返してくださいました。

NKOには音楽家にしておくのはもったいないほどの(?!)マネジメントの能力にたけた人が何人もいらっしゃるのです(?)妥協のない本物をやっている人には本物の実績がついてくるというのを、鈴木先生が音楽監督をしてくださったこの2年で私たちは見せていただきました。

1101.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。