音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして
かわなかじまのBACHです
時々気づいたことを書き込みます
よろしくお願いします!!
スポンサーサイト
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽
あるメルマガとユーチューブの動画にいたく感動いたしまして、皆様にもご覧になっていただきたくて掲載させていただきます。
すでにご存知でしたら、失礼します。
以下、転載。
-----------------------------

ライオンのクリスチャン─都会育ちのライオンとアフリカで再会
するまで  アンソニー バーク、ジョン レンダル
¥ 1,470  早川書房 (2009/12)

-----------------------------

ユーチューブで話題になったこの動画、ご覧になった方はおいで
でしたでしょうか?
http://www.youtube.com/watch?v=I4S3lk6mS2c

ライオンが、男性二人に駆け寄ってくる。見ている私は身構えた。
だがライオンは、彼らに親しく体をすり寄せ、後ろ足で立ち上
がって抱きつくまねまでしてみせている。

ライオンの名前はクリスチャン。幼い頃、彼はなんと、大都会ロン
ドンで暮らしていた。彼を育てた二人の人間を、クリスチャンは忘
れていなかったのだ。

感動的なこの動画に出てくる二人が書いた本。クリスチャンがどの
ようにやってきて、去って行ったかが書かれている。

1970年代のお話だ。その当時、英国のハロッズでは野生の動物が売
られていたそうだ。まだ子供だったクリスチャンも、ハロッズの
ショーケースの中で買い手を待っていたのだった。

著者の二人はオーストラリアから英国に来たばかり。無謀で無鉄砲
なところもある若者だった。

彼らは働いているアンティークショップのオーナーにかけあい、ク
リスチャンをそこで飼うことに決めた。運動場には、近くの教会の
庭を借りることが出来た。

実際に、クリスチャンがそこで生活したのは一歳までのことだった。

ライオンは群れで暮らすため、猫よりも社会性があるのだという。
客にもよくなじみ、人気者であったとか。当時の写真がいくつかあ
るが、大きな猫といった感じでとてもかわいらしかった。

引き出しから服を掘り出したり、テレビによりかかったり、猫好き
にはたまんないよね。

しかし、体が大きくなると、都会で暮らすことは難しくなってきた。
二人は最初、サファリパークに預けるつもりだった。だがそこでは、
動物ショーなどにも参加させられることがある。

クリスチャンは幸運のライオンだと言えるかもしれない。偶然、二
人の店に「野生のエルザ」の主演俳優、ビル・トラバースがやって
くるのだ。

監督とも知己を得、二人はとうとう、ケニアでライオンを野生に返
すプロジェクトを手がけているジョージ・アダムソンにめぐり合う
ことになる。

クリスチャンを野生に返す。二人はさまざまな苦労を経て、彼をケ
ニアに戻すことに成功する。

だけどさ、簡単にはいかないのよね。当たり前だけど。クリスチャ
ンは生まれて初めてライオン社会に直面することになり、先輩ライ
オン、ボーイに序列を教えられる。

もともといた野生のライオンたちとの争いも経験しながら、クリス
チャンは自分の家族を手に入れた。

ユーチューブの動画は、著者たちふたりとクリスチャンが別れて約
1年後のものだそうだ。すっかり大人になったクリスチャンは、か
け寄って来て二人に甘え、かつての日々を思い出している。


読み終えて、ほのぼのした気持ちもあったけれど、野生の動物との
付き合い方というものを真剣に考えた。

これは1970年代のお話だ。今では考えられない、ファンタジーみた
いな物語だと思う。

クリスチャンのかわいらしさももちろんだが、彼のために奮闘する
人間たちにも大いに感動させられる。させられつつ、ものすごい時
代だったのだなと、半ば呆れ、感心してしまう自分がいるのも確か。

見てきたようなうそ、という感じ。ある意味、壮大な物語といえる
かも。

ご紹介の本はこちらから↓
http://wadainohon.seesaa.net/article/146394443.html

-----------------------------

これであなたも読書通!話題の本をほぼ日刊でご紹介。
発行者       モモ
ご連絡はこちらまで chiuchiumania@hotmail.com
発行人ブログ    http://haraguro-momo.seesaa.net/
バックナンバー   http://wadainohon.seesaa.net/
配信中止はこちら http://www.mag2.com/m/0000176248.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。