音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月25日(月)平日の公演にもかかわらずチケットは発売開始から数日であっちゅーまに売り切れ。
筆者は24日のツアーコンサートも鑑賞。
第一部は両日ともブラームスをメインに演奏し、得意のトークも封印でひたすら演奏に集中。
葉加瀬氏は許される限り、クラシックに戻りその世界に心酔されたいという熱望が感じられた。
第二部のツアーの弦楽アンサンブル、イケメン揃いでビジュアル的にもかっこよかったぞ。
こちら25日の第二部も負けず劣らず内容充実。
なにしろ二台のストラディヴァリウスの饗演ですからね。
ストラディヴァリウスは奏者を選ぶといいます。
太く力強い音色のダ・ヴィンチ、繊細で甘い調べのロマノフ、二人の奏者の技巧が光る一夜限りのプレミアムなデュオを聴けた私たちは果報者じゃのう。
アンコールはのりに乗って3曲も披露されました。わ~い。


20110425_maruko.jpg

終演後25日のステージを作り上げた関係者一同でパチリ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。