音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
NAGANO国際音楽祭を小学校2年生の時から受講されていて、
今、藝高3年生の岡本誠司さんが
第二回目のリサイタルを開催いたします。
★☆

岡本 誠司 ヴァイオリンリサイタル
in サロン・デュオ Vol.2

2013年1月6日(日)
15:00 開演 (14:30 開場)

コンサートホール 「サロン・デュオ」(東京 代々木)
チケットは当日券のみ 一般¥2,500学生¥1,500
チケットのご予約お問合せ● email : tomonho@gmail.com (岡本)

■ プログラム
ドヴォルザーク: 4つのロマンティックな小品 作品75
 Dvorak: 4 romantic pieces op.75 B.150
チャイコフスキー: 懐かしい土地の思い出 作品42
 Tchaikovsky: Souvenir d'un lieu cher op.42
リヒャルト・シュトラウス: ヴァイオリンソナタ 変ホ長調 作品18
 R.Strauss: Sonate fur Violine und Klavier Es-dur op.18
サラサーテ: ツィゴイネルヴァイゼン 作品20
 Sarasate: Zigeunerweisen op.20
※ 曲目は変更になる場合がございます。

■岡本誠司(Seiji Okamoto)プロフィール
1994年 千葉県出身。3歳よりヴァイオリンを始める。
2006年 第60回全日本学生音楽コンクール小学校の部、
東京大会第1位、全国大会第1位。
2007年 AADGTの招聘により、ニューヨークのマーキン
ホールにて演奏。
2009年 カネッティ国際ヴァイオリンコンクール2009に
て最年少第2位。併せて特別賞を受賞。
クロアチアのリエカ市の招きで リエカ市立管弦楽団と
モーツァルトの協奏曲第4番を共演。
2010年 長野県上田市の中澤ホールと東京都中央区の
王子ホールにて、初リサイタルを開催。
宗次ホールディナータイム名曲コンサートに出演。
2011年 第3回宗次エンジェルヴァイオリンコンクール
にて4位入賞。
第3回NAGANO国際音楽祭ヴァイオリンコンクール 一
般の部にて第1位受賞。

2012年 3月11日に東日本大震災津波岩手県・陸前高田
市合同追悼式にて追悼演奏をする。みのもんたの朝ズ
バッ!にて流木のヴァイオリンを生演奏する。
北京にて名器17台のデモンストレーション用音源の録
音を行う。
第24回東京芸術大学附属音楽高校 定期演奏会にてコ
ンサートマスターを務める。また、さまざまなコンサート
にも出演している。

これまでに富川歓、中澤きみ子、ジェラール・プーレの
各氏に師事。
現在、東京藝術大学附属音楽高校第3学年在学中、
澤和樹氏に師事している。

NPO法人イエローエンジェルより貸与されている1827
年製のJ.F.Pressendaを使用。


●ピアノ:碓井 俊樹(Toshiki Usui)
東京芸術大学付属音楽高等学校を経て同大学卒業。
ザルツブルク・モーツァルテゥム芸術大学にて引き続き研讃
を積む。カントゥ国際コンクール優勝、ヴィオッティ国際コン
クール特別賞、オランダ・ミュージック・セッションにてドネム
ス演奏賞など数多くの賞を受賞する。
2008年3月よりリサイタル「アクロス・ザ・ワールド」を開始、
欧州・アメリカ・中東等を回るワールドツアーなど行っている
ほか、各国で開催される国際音楽祭への出演、国際音楽コ
ンクールの審査員を務めるなど多方面にて精力的に活動し
ている。
2011年はアメリカ・欧州・中東などで演奏している。また同年
銀座王子ホールでヴァイオリン界の巨匠ピエール・アモイヤ
ルと共演している。
現在、東京とウィーンを拠点に活動している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。