FC2ブログ

音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レオナルド・デカプリオを一躍スターにした映画「タイタニック」で印象的だったのは、客船が沈没を始めパニック状態になった乗客が少しでも平静を保てるようにと演奏をした音楽家の実話に基づいたシーン。いよいよ船が傾き演奏を続けるのが無理となったとき、最後の演奏を終え、コンマスが「今夜、君たちとともに演奏できたことを誇りに思うよ」と言ったシーンで涙した方も多かったと思います。パニックしていた乗客の耳に音楽が届いたかはわかりませんが、観念し静かにその時を待つことを選んだ乗客の心には彼らの演奏がしみ渡ったことでしょう。
8人の音楽家全員亡くなり、コンマスの遺体がみつかった時、彼は自分のヴァイオリンを固く抱きしめていたそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nkos.blog19.fc2.com/tb.php/136-ba448839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。