FC2ブログ

音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事務局です。
通訳ボランティアのkayoさんから、コンサートの熱気が伝わってくるレポートが届きました!

**************************************************************************

音楽村コンサートに、たくさんの好反応がよせられているようで、嬉しいことですね。
通訳ボラを他の方にお願いして音楽村コンサートに参加させていただきました。感謝申し上げます。

スコーレグレイセスのみなさんとの会場準備も整った頃、開演午後2時というのに1時を回った頃から続々とお客様が集まってこられました。そして開演時刻の2時になると、ホールは300人あまりのお客様でいっぱいとなりました。

ヘンリ・シーグフリードソン先生のベートーヴェン「エリーゼのために」、中澤きみ子先生のエルガー「愛のあいさつ」、ドヴォルザーク「ユモレスク」と、誰でもどこかで耳にしたことのある曲からコンサートは始まりました。

グレイッシュブルーに大きな花柄の素敵なドレスに身を包んだきみ子先生は、時折会場の笑いを誘うような軽妙なおしゃべりを交えて、コンサートを進めていきます。

…“「エリーゼのために」は日本ではピアノを習っている人なら必ず弾いたことのあるほど有名な曲だけれど、ヨーロッパではそれほどポピュラーではなく、ヘンリさんはステージでこの曲を弾くのは実は今回が初めてで、開演前に最後までこの曲を青くなって練習していたんですよ。。。(会場笑)”

また、20年ほど前、ご主人の中澤宗幸さんとこのホールを建てたときのご苦労話などは、会場の皆さんの胸を打つような、こころに響くお話でした。

前半の見せ場は、ブラームス「ヴァイオリンソナタ第3番」です。この曲は、2月の葉加瀬太郎さんの演奏会の中でも演奏された曲です。きみ子先生のブラームスは、葉加瀬太郎さんのブラームスとは一味もふた味も違い、女性らしいふくよかさ、優しさを湛えていました。バックで支えるヘンリ先生のピアノは力強く、繊細でもあり、おふたりの息もぴったりと合って、ブラヴォーなブラームスを堪能させていただきました。

休憩をはさんで後半は、「荒城の月」、「浜辺の歌」などの日本の曲から始まりました。クラシックのコンサートは初めてというようなお客様にも、きっと親しみを持ってヴァイオリンとピアノを聴いていただけたのではないかと思います。

会場が、ヴァイオリンとピアノの世界に引き込まれていく中、サン・サーンス「ハバネラ」、サラサーテ「アンダルシアのロマンス」と曲は進み、ヘンリ先生のピアノ独奏となりました。

リストコンクールで優勝したこともあるというヘンリ先生は、この日もリストを2曲、「愛の夢」、「ハンガリー狂詩曲第12番」を聴かせてくださいました。ヘンリ先生は、レッスンの中でも生徒に、“曲の中では一音として無駄な音などなく、ひとつひとつの音をどんな表情を与えて弾くのかを考えて弾きなさい”というようなことをよく仰っています。まさに、その言葉を身をもって聴かせてみせた、ほんとうにすばらしい演奏でした。

ホールがヘンリ先生への拍手で沸く中、きみ子先生が再び登場されて、いよいよ最後の曲「チゴイネルワイゼン」となりました。300人あまりのお客様で熱気を帯びたホールが、この曲でさらに熱くなり、演奏終了後は割れんばかりの拍手となりました。

0913_1.jpg

会場の拍手が手拍子となって“アンコール!アンコール!”の声が湧き上がり、再び登場されたきみ子先生がアンコールにお応えして「荒城の月」を静かにお弾きになりました。それでもまだおさまらないアンコールの声に応えて、ヘンリ先生も加わり「チャールダシュ」が演奏され、ホールはふたたび大きな拍手に包まれ、そして終演となりました。

終演後、きみ子先生とヘンリ先生のサイン会も開かれ、CDをお買い求めになりサインをいただき嬉しそうに帰られていくお客様もたくさんいらしゃいました。中にはきみ子先生のモーツァルトのCD全てをお買い求めになられた通なお客様、またヘンリ先生のピアノに感動されてヘンリ先生のCDをお買い求めになりたかったのに売り切れとなってしまい残念そうに帰られる方もいらっしゃいました。

そんなお客様をお見送りしながら、たくさんの観客の皆さん、その中に混じって聴いていた音楽祭受講生、多くの皆さんの心に、きみ子先生とヘンリ先生の紡ぎだす音楽の素晴らしさが伝わったのだなぁ、と本当に嬉しく思いました。

**************************************************************************

kayoさん、詳細レポートありがとうございました!
たくさんの皆様においでいただき、本当に素晴らしいコンサートになりました。
ありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nkos.blog19.fc2.com/tb.php/83-d9b542e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。