FC2ブログ

音楽祭実行委員日記

NAGANO国際音楽祭実行委員会のよもやま話を紹介します。親しみを持って頂けたら幸いです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事務局です。

NAGANO国際音楽祭2008の全講習&コンサートが、無事に終わりました。
ご参加くださった皆様、講師の先生方、ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

28日に行われた『蕎麦屋の二階deコンサート』のレポートを実行委員のUさんが送ってくださいましたので、紹介します。

*******************************************************************************

今年初めて音楽祭のボランテイアをさせて頂きました(ほんの三日間だけでしたが)。私のボランテイア最後の日、上田の蕎麦屋でのコンサートがありました。

通訳ボランティアの仕事を追え、稲荷山を出る頃には雨が結構強く降り始めていました。
このボランテイアに誘って下さったM.Sさんが助手席に座り、上田まで信号の少ない道を案内してくれました。後ろに車が一台ついてきます。それは鈴木先生運転の車です。中澤きみ子先生、ミューラー先生、ハーマン先生が同乗しておられます。
 
途中千曲川沿いの少し狭い道を通った時など、高価な楽器も同乗している車に何か起きたらどうしよう、とM.Sさんと私は心配したものです。蕎麦屋に無事着いてほっとしました。

演奏会が始まる頃には、その蕎麦屋はレッスン生と一般の人達でいっぱいになりました。

お蕎麦を頂いた後、その店の二階に上がりました。大きな鴨居がむき出しの古い家は、それはそれで素敵な雰囲気でした。この部屋で弦楽器の演奏会。なかなか経験出来るものではないと思いました。
 
周囲には結構音楽好きの人達が居るのですが、コンサートは本当に久しぶりでした。
開演になると、3メートルと離れていないところで先生方の演奏が始まりました。

蕎麦屋
 
素晴らしい音がその部屋を満たし、私は一瞬異次元の世界に入った感覚がしました。きっと普段音楽に触れている方達には無い経験だったかもしれません。

前記の四人の先生方の他に山村和美先生、小峰航一先生も演奏されました。
演奏している先生方の満たされた顔、顔、顔。聴いていて、そして拝見していて本当に幸せになりました。

通訳ボランテイアの時、ハーマン先生は、あるレッスン生が喜びを持ってレッスンしていないことを見抜かれその生徒の行く末を心配して先生の考えをその生徒に話されました。

楽器を演奏する技術だけでは感動を与える音を紡ぎだせないと言う事のようでした。
素晴らしい技術と音に対する熱い熱い思いは私の心の琴線に触れ、この場に居る幸せを感じました。
 
この機会を与えて下さった実行委員の皆々様、ボランテイアに誘って下さったS.Mさん本当にありがとうございました。

来年は少しでも多く、いろいろなことをさせて頂ければ幸いです。

*******************************************************************************

Uさん、レポートありがとうございました。
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://nkos.blog19.fc2.com/tb.php/84-8bafa43d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。